悪質業者に注意


キャッシングローン入門 管理人お勧め!
イオン銀行カードローン 口座をお持ちのお客様なら最短当日お借り入れも可能。即日審査。来店不要でご融資可能。お近くの銀行やコンビニATMでご利用できます。 パート、アルバイト、自営業者の方も可。 イオン銀行カードローン詳細>>

キャッシングローン入門HOME   Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録   はてなブックマークに追加はてなブックマークに登録   Google Bookmarks に追加Google Bookmarks に追加
銀行系
消費者金融
信販・IT系
消費者金融
大手消費者金融
おまとめ・ローン一本化
低金利優先

準大手
消費者金融

中堅消費者金融
土日祝日でも
借りられる金融
融資までのスピード
女性専用
キャッシング
はじめての
消費者金融
金融Q&A
提携業者一覧
返済シミュレーション
ビジネスローン
キャンペーン
実施中
評判の良い
クレジットカード
総合ランキング
メルマガ登録
取立て方法から
みる業者比較
悪質業者に注意

キャッシングローン入門初級編  ローン入門中級編>> メルマガ登録


悪質業者に注意

紹介屋や悪質な請求行為に注意!!

紹介屋とは
紹介屋とは「スピード融資」「年率3%」「限度額1,000万」等のおとりの宣伝文句で客を集め、他社の借入額や借入件数を自己申告させて、形だけの信用調査を行います。そして「自分のところでは、ちょっと融資が出来ない」と断り、「ただ、他に融資してくれる消費者金融業者を紹介する」と他の全く無関係な消費者金融業者を紹介し、客が融資を受けた額のうち20〜50%の紹介手数料を請求します。紹介屋は自分たちが紹介したことによって融資が受けられたなどと、自分たちの成果を強調し執拗に手数料を請求してきます。また、「今回は特別だから消費者金融業者にはこの事を言わないように」と自分たちの存在を消費者金融業者に教えないようにさせます。
しかし、実際に紹介屋は消費者金融業者に何の口利きもしていません。ただ、インターネットや電話帳に載っている消費者金融業者の連絡先を教えるだけで手数料を取ります。
また、紹介屋は大手消費者金融会社にそっくりな商号を使ったり、ニセの登録番号を載せている会社もあります。http://www.zenkinren.or.jp/kensaku/index.htmlで正規の登録業者が確認出来ますので、不審に思った際は確認しましょう。
また、各都道府県の貸金業協会へ直接電話して確認することもできます。

紹介屋の違法性
紹介屋については「出資法第4条1項(媒介手数料の制限)・貸金業規制法第16条(誇大広告の禁止)に違反し、刑法上の詐欺罪にあたる可能性が高く、違法な行為です。紹介屋も自らの違法性を十分認識していますので、自分たちの存在を表に出さないようにしています。

万が一被害や紹介を受けてしまった場合は
下記の全国都道府県貸金業協会に連絡してください。
全国貸金業協会連合会

無登録業者は違法業者です。ご注意ください。


保証金詐欺とは

保証金詐欺は、借入件数が増えて他社で借入できない人をターゲットに、「保証金を先払いすれば融資します。」と甘い言葉で誘い、保証金を振り込むと、そのまま音沙汰がなくなります。特に多重債務者の方は注意が必要です。


買取屋とは

買取屋はまず、債務者にクレジットカード等でパソコンやコピー機など高額商品を買わせます。そしてその商品を安値で現金で買い取ります。債務者には小額の現金が手に入りますが、後からクレジットの請求が来るので、結局大損です。最初からカードの請求を踏み倒す計画であった場合、債務者は詐欺罪となります。ハイリスク・ローリターンで悪いことずくめです。


DM詐欺とは

DM詐欺は、多重債務者に大手金融業者を装ったダイレクトメールを送りつけます。すっかり信用し、わらをもすがる思いで申し込むと、保証金やら何やら取られて後はドロンです。


債権譲渡詐欺とは

債権譲渡詐欺は、ある日突然、督促状だけが送りつけられてきます。例えば、次のような催促状が届きます。

「「大手消費者金融会社XXXからあなたの債権を買い取った。請求権は当社にある」、「当社顧問弁護士と協議の結果、最終和解金を○○万円とした。今日中に支払え」、「支払い無き場合には、訪問集金など断固たる措置を断行する」   XXX組」

これは、ある人が受け取った電報です。本人はまったく身に覚えの無い借金の督促に驚いたと同時に、その脅迫状まがいの文章から言葉にできないほどの恐怖を感じたそうです。
通常、債権譲渡が事実であれば、譲渡先から必ず債権を譲り受けたという文書が先に届きます。この事例のように、ある日突然、督促状だけが送りつけられてくることは絶対ありません。これは債権譲渡詐欺を働く詐欺師が常套手段として用いる脅し文言なのです。
架空の債権をでっち上げ、強引に電話・電報・封書などで脅し、指定口座に現金を振り込ませる手口です。詐欺に気づき支払いを拒否すると、「どうせ警察は動かない。駆け込んでも無駄」、「もし払わなければ、隣近所に言いふらす」などと嫌がらせを続け、消費者を精神的に追い詰めて根負けするのを待つ、という悪質な手段に出ます。

もし、このような電報・電話・封書を受け取ったら

・ あわてずに対処しましょう。信頼できる相談機関か最寄りの警察署に連絡し、適切なアドバイスをいただきましょう。
・ あなたから相手に連絡することは絶対にしないでください。一度連絡するとそこを付け込まれます。
・ やむを得ずその業者と言葉を交わすことになった場合、毅然として支払いを拒否することはもちろんですが、その場合とくにご注意いただきたいことは、絶対にあなたからあなた自身のプライベート情報を洩らしてはいけないということです。相手は詐欺師です。あなたの情報を巧みに利用します。たとえば会話の中で子供がいることが分かれば、“学校に督促する”などと脅してきます。
・ できるだけ証拠を集めましょう。督促状はもとより、会話(電話)の録音は、警察へ通報する際の有力な証拠になります。


整理屋とは

借金が膨れ上がってくると、だれでもなんとかしなければと、焦り始めます。そんなとき、「借金の整理をしてあげましょう」と債務者に近寄ってくるのが整理屋と呼ばれる業者です。整理屋は、債権者と返済期限の繰り延べや、減額の交渉をしてやると、親切を装って近寄ってきます。しかし実際には何もしないのがほとんどです。借金整理を装って高額の手数料を巻き上げるのが狙いなのです。


提携弁護士とは

弁護士のなかにも、高利な金融業者と手を組んでいる極悪な者もいます。これは非常に残念なことですが、高額な報酬と引き換えに弁護士名義を業者に貸して、自分の事務所を自由に使わせ、悪質業者が借主から高額の手数料を取ることに手を貸す、提携弁護士と呼ばれるものです。

業者に紹介されて法律事務所を訪れてみたものの、弁護士自身はほとんど姿を見せず、すべて事務員が仕切っているような場合には、提携弁護士が関与していると疑ってください。

こういう弁護士は、貸金業者に対する弁済にあてるとして債務者からお金を預かりながら、それを返済にあてず、自分たちの懐に入れてしまうこともあります。弁護士だからと言って信用できる人たちばかりではないのです。


その他悪質な金融業者対策として、金融庁のホームページで対策や相談先が掲載されています。違法な金融業者にご注意!


貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 [PR]もっと評判の良い業者を探すなら【賢いカードの使い方】
     
 

[▲最上部へ移動]

お勧め業者 イオン銀行カードローンアコムモビット||提携業者一覧
Copyright(C) 2005-2015 キャッシングローン入門 All rights reserved.
当サイトの全ての文章・画像の無断複製・転載を禁止します。
一日も早く、あなたが借金返済の苦しみから逃れられますように!!! あなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きますように!!!